忍者ブログ
ミイラとりがミイラに?
カテゴリー
 ◆ 未選択(0)  ◆ 化粧品(7)  ◆ 日記(19)  ◆ 動画(1)
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 フリーエリア

Otock!!クーポン

Otock!!クーポンリンクスタッフ

 最新コメント
(10/11)
(08/13)
(06/04)
(05/29)
(05/28)
 最新トラックバック
 プロフィール
HN:
ミュー
性別:
非公開
 バーコード
 ブログ内検索
 フリーエリア
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先月2日に、母が亡くなりました(;へ:)
原因は肝臓癌でしたが、背中に腫瘍ができた為に膀胱に尿がいかなくなり、
結果、多臓器不全になりました。

急激な血圧低下や、何度も繰り返す嘔吐
「身の置き場がないほどしんどい」を繰り返し言ってました。
身内で交代の看病が続きました。
亡くなる2日前までは意識もありましたが、あまりしゃべることはできませんでした。
それでも、根っから明るい母は看護士さんや私たちを笑わせてくれました。
先生から、モルヒネを使うこともできます。と言われた時は、最後なんだ・・・と
感じました。
モルヒネを使うと、本人の意識はもうろうとなるので、痛みや苦痛がなくなります。
そのかわり、呼吸が薄くなり心臓の機能も低下するのだそうです。
その時には、母の容態もかなり悪化していました。
かわいそうで、見ている私たちは涙を抑えられませんでした。

入院したばかりの時は、シュークリームやプリン。小豆、ちりめんじゃこ、ゴボウテンなど元気な時に好きだったものを
次からつぎへと注文し何度も買いに走りました。
そんな母に戻ってほしい。と思いました。
わがままを言ってでも生きてて欲しい、寝たきりでもいいから生きてて欲しい。
危ない状態になるたびに、私たち姉妹は覚悟を決めなければなりませんでした。
点滴がモルヒネに替えられた時、「意識がなくなるんだ、どうしよう・・・。」
私は動揺し、言葉がでません。
その時すぐ上の姉が、私たちの手をとり、みんなで母の手を握りました。
そして、こう言いました。
「ママ、みんなここにいるよ。○○(長女)も○○(次女)も○○(私)もいるよ!み~んないるいるからね、大丈夫だからね、楽になるよ、安心して。よくがんばってくれたね、ありがとう。本当にありがとう。大丈夫だからね」
意識がもうろうとなった母に聞こえるよう、母の耳元で言ってくれました。
私たちの気持ちは同じでしたが声になりません。言葉にしてくれた次女に感謝します。
そのあくる日、みんなに手を握られて母の呼吸は止まり、次に心臓が止まりました。
PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちわ!
先日より読ませて頂いております。
私も、今母の介護、
父は施設に入り毎日施設通いです。
この大変さは、やったものではわからない事ですね;;
お母さんはお亡くなりになりましたが、
した事は残っていますので、
きっと、何かの形で帰ってくると思います。
何かを求めてではないのですが、
不公平ではないと思います。
頑張った分ですね^^
キッとお母さんも喜んで旅たたれたのではないでしょうか?
最高の親孝行ですね^^
では・・・
Cyady coco 2009/10/11(Sun)12:14:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao